家族葬会館「東日本大震災から5年」

おはようございます。

家族葬会館です。

今日は、東日本大震災から5年。

もし私が現地にいてたとして

あのような津波が突然起こると、本当にどうしたらいいかわからないと思います。

家族や大切な人が急に亡くなったりすると、これも本当にどうしたらいいかわからないと思います。

そんなこともわからないまま、そんなことも考える余裕もなく、亡くなられた方々もいるでしょう。

今ここに生きているだけで本当に幸せなのかもしれません。

けど、やっぱりいろいろ気持ちも身体もどこか苦しいですよね。

過去はやり直せないから、本当に苦しい。

だからこそ、前に少しずつ進みながら変えていくしかないとも思えます。

そんなことを考えた時、

東日本大震災の「被災者」という言葉自体も、本当は失礼に値する言葉である気がします。

彼らは、老若男女問わずにこれからの希望の光ですよ。

もっともっと復興に力を入れるべきです。

東京もすごいですけど、東北はそれ以上になるかもしれませんね。

頑張っておられる人に、頑張ってというの違うので

ど田舎からですが、心から応援します。

これからの東北に、これからの日本に、

これからの希望の光に!