お葬式に対する考え方

お葬式は、大切な人が亡くなられた時、ご家族がその悲しみから乗り越えるための儀式でもあります。

また故人を敬い、感謝の気持ちを持って、命の尊さを感じる瞬間でもあります。

そんなお葬式をするために、いざ葬儀社に依頼しようとする時

「ご依頼した葬儀社の言うままのお葬式をして、必要以上に高い金額を支払うことになってしまったらどうしよう。」

「そもそもお葬式は本当に必要なんだろうか?」

そんな心配や疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

最近では、特に都市部では、少人数で行う「家族葬」や、通夜と葬儀をまとめて行う「一日葬」、そして「直葬」と呼ばれる葬儀形式を選択する方が増えています。

ここ十数年の傾向として、お葬式は葬儀社が仕切りどんどん進行して行われるようになっています。

その背景には、葬儀が形式化されすぎて、本当の意味が希薄化し、遺族や参列者が葬儀の持つ意味を感じられなくなっているのかもしれません。

これは、現代社会の構造または生活スタイルの変化によって人付き合いのあり方が変わってきていることや、

亡くなる方の年齢が高くなって、近所の方や知り合いの人が少なくなってきているとも言えます。

しかし同時に、葬儀の必要性を感じられない人が多くなり、葬儀の意味合いを充分に考えられないまま、故人を見送っている人が増えているということにも繋がります。

私たち、家族葬会館が考えるお葬式の意味は、「いつまでも大切な人と寄り添う」ことだと考えています。

本当に大切な人との最後の時間だからこそ、安易に簡素化したり、形式ばかりにこだわらないスタイルのお葬式を執り行うことが大事なのではないでしょうか。

万が一の時のために、お葬式に対する意味をご家族みんなで今一度考えてみましょう。

決して葬儀社任せのお葬式ではなく、故人や家族の考え方